備忘録:Softbank Pantone5 107SHをガラケー化する

注:本記事の内容の実践は、あくまで自己責任で行ってください。仮に何らかの不具合が引き起こされたとしても、責任を取ることはできません。

(追記:2015/01/12)
私の足りない頭でどう頑張ってもWi-Fi接続後の送受信不可を解決するAPN設定が見つかりませんので、別記事にて暫定的な最終版として対処法を記載しました。そちらを参照してください。

(追記:2014/07/17)
Sharp製スマホ専用のキャリアメールアプリのアップデートによりWi-Fiによる送受信が可能になりましたが、一方で下記の設定では一度でもWi-Fi接続すると上手く送受信ができなくなるようになりました。
続報については別記事を参照してください。

なぜか防水防塵のはずの101SHが水濡れ程度で1日後経ってから突然動かなくなりました。

せっかく機種代を払い終わったってのに災難だし、また機種変で割高な利用料は払いたくないし、しかも4G のパケ定は最低でも2100円程度なので痛い。よってソフトバンク最後の3G スマホである107SHをゲオの中古で購入。

ただ、Androidのバージョンが2.xから4.0に変わって、バックグラウンドデータ通信抑制の設定が表示的に明確でなく、本当にきちんとなされているのか不安で不安でしょうがない。でも逐一3Gをオフにするのも面倒なのでmms以外のデータ通信をさせないようにAPN設定をいじることにしました。基本的には、ネットですく検索できる『シュパっと』を使ってデフォルトのAPN設定の『APNタイプ』を書き換えるのですが、ここを”mms,”と書き換えるとキャリアメール(MMS)の送信で一部のメールアドレス宛てのメールで送信が必ず失敗してしまいます(受信は正常に行えます)。逆に、APNタイプを”mms”に変えると、成功していたアドレス宛ての送信がすべて失敗し、失敗していたアドレス宛ての送信が成功するようになります。意味不明ですね(苦笑い)

解決策:APNタイプを”mms,mms”に書き換える

今のところ、APNタイプに二重に設定しても不具合は今のところ起きてません。料金的に二重になってないかどうかはわかりません。

個人的には、後5年は3G パケ定400円でねばってやろうと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です