続:おおよそこれから10年の日本が直面する人材的危機について

悲しいかな、経営責任による経営危機は続いてますね。

続きを読む

イスラム国の台頭、トランプ旋風、トマ・ピケティの21世紀の資本、いま、世界で何が起き、どこに行こうとしてているのか

いよいよ、人間は神へ近づく階段を上り始めたと見るべきでしょう。

技術の進歩、経済の発展、これらが飽和に急速に近づいているのです。

もう、
技術が進みすぎて放っておいても勝手に技術革新が起きる時代、
技術が進みすぎて誰でも簡単に強力な攻撃力を持てる時代、
技術が進みすぎて経済が飽和し成果相応の報酬となる経済利得が得られない時代、
そういう時代に突入しているということです。

ここまで極まると、もう人間は生まれながらにして社会を維持しなければならない義務が課せられているも同然。
力が強大になった分、社会を破壊する力も強大かつ容易になりつつある。
『大いなる力には大いなる責任が伴う』時代ということ。

それを自覚せずにこのまま権力者も貧困者も自分勝手な振る舞いを続けるならば、人間社会の終焉、フィクションでよく言われる『滅びた古代文明』そのものになるだけです。

もう一度言います。人間は神に近づく力を手に入れたのです。この責任は『神になるか、滅びるかの二者択一、All or Nothingの責任』です。

今も穢多(えた)・非人(ひにん)は生きている

要は、権力者にとって都合の良いラインを下回る層を具現化することよって、権力者が意図的に最低限のラインを操作し管理側の責任や負担を不当に軽減したり搾取したりするという手法は今も生きているということです。
続きを読む

ISILの日本人拉致・殺害事件後の外務省対応:逮捕をちらつかせたパスポート返納について

パスポートを返還させてまでジャーナリストの渡航を阻止しましたけど、結論から言えば後々に多大な悪影響を残す重大な失政と言っても差し支えないと思います。
続きを読む

Foolish U.S. citizens refuse Obama’s policies

President Obama is one of the great presidents; who led the U.S. to improve the large-scale budget deficit caused from the military intervention to the Middle East by the Republican Party, who led to recover from the economical stagnation by excessive liberalism, and who aimed at reorganizing the welfare collapsed for a let-alone policy and interfared the economic growth.

Today, the U.S. citizens decide refuse his policies only by the negative impression promoted by the Republican Party and the Tea Party, on the other hand get the benefits come from his policies.

U.S. citizens will surely forget that the trouble to the U.S. in recent years depends on the policy of the Republican Party and president Obama is busy with the post-processing.

We will catch a sight of the U.S. citizens who repent of this selection in several years.