事実を語ることが正しいとは限らない:NHK新会長の慰安婦発言問題

NHK新会長の従軍慰安婦に係る発言が問題となってますね。さかのぼって、橋下大阪市長も同様の発言をし、なおかつ新会長の言うことは正論ともコメントしたらしいです。
まぁでも、事実と思ってることを淡々と述べたから正論になるというほど言論は甘くないでしょ。

綿密な歴史検証がされれば証明はされるんでしょうけど、彼らの言動自体はむしろ従軍慰安婦問題で日本を不利にするだけですね。
従軍慰安婦は欧米諸国にとっても今の人権意識の高さからすれば恥部に当たる事実なわけで、国際政治力学的には、それを都合の良いことに敗戦国(=悪の枢軸国)旧日本が一手に引き受ける形で慰安婦問題の中心にいる、とどのつまりスケープゴートなのです。

そんな中でスケーブゴートが反旗を翻せば、当然仕立てた側が生贄を殺しにかかるのは当然でしょ。大戦中に行われた狭い世界の事実ばかり語って、それにつながっている世界と諸国、それによっておこる政治力学の潮流という広大な世界の実情を無視して正論はない。

村山談話とか河野談話とか国際的な言質になりかねない事実がある以上、もっと用意周到に国家間調整と根回しが必要な事案であるし、今や国家に影響を与える力をもつ非政府組織、人権団体の国際NGOにも慰安婦の実態を訴えて味方に付けたうえで発言しないといけないものすごく繊細な用意周到さが必要な事案だし。

そんな中で軽率な発言をすること自体が暴論なんですよ。一種の親日的売国行為とも言うべきものでしょう。

この手の思考論理は逆説的平和ボケの典型例で、「軍備があれば防衛できる」と同じ類の発言です。「事実を言えば正論になる」、んな単純なわけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください