派遣の利用による節税効果に対する疑問点

人材の入れ替わりによる正規社員への負担、派遣労働化による作業効率の不安定化、その他諸々、見えないコストもある手法なので、長期的な事業展望や営業計画、人事考課、社内制度といった全社的な状態も勘案して取り入れるならいいけど、
短期的な節税効果だけを目当てにしていると、節税効果以上に営業効率が下がり、営業利益の損失につながる可能性があるので十分なご検討を。

派遣社員視点で言わせてもらうと、結構ズタズタな現場を多く見てるもので。社内事業として相応しくないからアウトソーシングしてるのか、アウトソーシングしているせいで社内的に相応しくない状態なのかよくわからないケースは観察する側からすると興味深いけど、現場の正規社員はたまったもんじゃないなぁと思う今日この頃。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です