韓国軍レーダー照射問題に係る日本政府の対応について

 いや、別に日本の方が正当で韓国側の言い分が不当ってのは、映像その他今公開されている情報を総合すれば火を見るよりも明らかなので、その点について論じるつもりはないです。
気になるのは、外交的に日本政府の対応はどうなのかという話です。

長々と読みたくない人向け要約

カードゲームで強カードを切って勝負に出るときは一撃必勝のタイミングであるべき。
外交も同じだと思うけど、日本政府は勝算持ってやってるんだよね?

有り体に言ってしまえば、攻撃用レーダー照射という外交カードとして有利なものが手札に並んだ瞬間、喜び勇んでいきなりその強カードを切って(事実の公開して)ないか心配だということです。

知られて不都合な事実をカードとして手札に残し、相手を揺さぶり交渉に使うには、その事実が非公開である事が大前提のはずです。
となれば、今の日本政府の対応は時節や機微を無視してただ強カードとして切ったのか、もしくは強カードを切ってでも達成したい何かしらの目的があるかのどちらかしか常識的には想像できないと思うのです。

韓国と言えば、慰安婦財団解散に徴用工の国際法無視の判決等など、日本にとっては許容しがたい対応を第二次安倍政権ではされているわけで、単純に見ればこれらに対する報復とも取れましょう。
他方、慰安婦問題等の国際的イメージ戦略として韓国の実態を国際社会に詳らかにするとも取れます。

ただし、これらの目的を事実の公開によって圧力とするのであれば、対立によってどちらか一方が全面的に屈服し謝罪するか、断交まで辞さない覚悟が必要なわけで、要するに『オールオアナッシング戦略』『外交戦争状態』という戦略を採ったということになります。

いや、別にオールが取れれば何も言いませんが、ナッシングを食わされた日には目も当てらない悲惨な状況なので、もちろんそれ相応の勝算があってのことを期待しますし、交渉事には100%はあり得ませんのでそこを杞憂している次第です。
少なくともアメリカさんの意向は無視できないだろうし、アメリカさんが仮に後押ししてるとしても、梯子を外されたときに緊急脱出する用意はもちろんあることを期待。

理論上は、勝てば天国負ければ地獄、大山鳴動して鼠一匹、結局旧民主党政権時に中国漁船の不法行為を隠して中国と交渉に当たろうとした方がやっぱりマトモだったなんてことになりかねない事態もあり得、断交もできない何の譲歩も引き出せなかったとなれば、下手すれば安倍政権崩壊の決定打にもなりえるという老婆心による心配話でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください