ついにジャンクPCに手を出してしまった話

とりあえず掃除。CPUクーラーのピンの錆び落とし。あらかたホコリを落としたところで、母が使っているPCからHDDとメモリーを半分ずつ拝借し電源オン!……注意書き通りのエラー。
一端メモリーを外し、歯ブラシと無水エタノールとティッシュとエアダスターでメモリーソケットを徹底清掃。再度メモリーを装着し電源オン!……やっぱりBIOSすら起動せず、エラーでビープ音が鳴っている。ヤバイ、やっぱダメだったか……

と思いきや、よく聞くとビープ音の回数が違う。今度は5回になってる。ということはソケットの掃除でメモリー認識はするようになったのか…?
エラーコードを5回で調べてみる。『リアルタイムクロック電源の障害、CMOSバッテリーの障害』だそうだ。よくよく考えればCMOSのボタン電池が使えなくなってるのも当たり前か。急遽近くのディスカウントストアでボタン電池を購入、電池を入れ替えてみる。

……やっぱり相変わらずのビープ音5回。うーん、今度こそ本当にダメかなぁ?と思いながらマザーボードを眺めると、よく見たら各種リセット用のジャンパーピンが装備されている。うん、電池がダメなら長らくダメになってるだろうCMOS自体もリセットしなきゃなと気づく。
とりあえず、リセットして再度電源オン……BIOS起動キター!!!Dellのロゴがきっちり表示されました!BIOS生きてました!

あとはもう決まりきった手順でネットにいくらでもあるので詳細は省きます。
Windows 7をインストールしてドライバーをアップデート、ネットにつないでWindows 7をデジタル認証。
そのあとWindows 10にアップグレードして再度デジタル認証を通して使えるかどうかを確認。無事アップグレードが通ったらドライバーをWindows 10向けに再度アップデート。更新プログラムを適用して古いノートPCのデータをあらかた移植して終わりです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください