『なぜ屋内避難しないのか』について

デカい地震を2回も経験した後、四六時中続く余震、端的に言えば余震ロシアンルーレットに耐えられる人間はほとんどいないでしょ。
寝られなくなって余計に体調崩すわ。

屋内避難の半強要的指示に反発した蒲島市長を批判する意見を目にしてしまい、さすがに腹が立ったので。

被災なう

熊本地震で被災してます。

とはいえ、益城や阿蘇に比べれば軽い方ですが。
でも、本震はマジでびびった。最初の揺れ以降、余震が止まることなく(全く揺れが止まらない)続き、裕に一時間近く揺れ続け全く動けなかった。

取り敢えず食料は非常備蓄や保存の利くやつがあったので何とかなった。
電気もプロパンガスも直ぐに復帰。
だが、水は数日間止まった。今は水は出るが丸一日以上経っても赤く濁り続けている。飲用水は相変わらず給水頼み。
念のために前震時にタンクに汲んだ10lぐらいの予備が繋ぎで活躍。

水道が止まって一番困ったのはやっぱりトイレ。流せない。

家は外壁に大きな亀裂多数。夜に大きなやつが来たら逃げ切れないからもうしばらく車中泊確定。
どうなるんだろうね。

あと、非常備蓄は大事。
うちみたいな中途半端な被害者は間違いなく後回しにされる。重大な被害の場合に備蓄が使えるかどうかは運。
最大級の被害地域以外の時こそ最大の威力を持つと実感。